Hey! Say! JUMP に変な指定がある

どうも Hey! Say! JUMP の a は一階建ての字形じゃないとダメっていう意味不明な決まりがあるみたいで

テレビ朝日は heysayjump_a.gif を挿入させられるし:

テレビ朝日|ミュージックステーション

ジャニーズ公式は専用の span class 作ってるし:

ジャニーズ公式
ジャニーズ公式(ソース)

テレビ東京は Comic Sans を駆使してる:

テレビ東京
テレビ東京(ソース)

iTunes: 30-second skip podcasts/audiobooks only

Here’s a nice AppleScript I use to rewind or skip 30 seconds in iTunes, but only when the current track is a podcast or audiobook.

This allows you to have a single keyboard shortcut that works as a normal “previous track” key when listening to music, but automatically switches to a 30-second rewind when listening to podcasts, audiobooks, or whatever else you specify.

Continue reading →

フレームグリッドの文字数と行数をスクリプト制御

InDesign ではすべての属性がスクリプト可能なのかと思いきや、フレームグリッドの基本情報である文字数/行数だけはなぜか簡単に読み書きする方法が用意されてない。日本語圏では頻繁に操作する箇所なので、自分でメソッドを作った。

  • 縦組み/横組み
  • テキストサイズ単位や組版単位などの違い
  • 段数、段間
  • 字間、行間
  • フレーム内マージン
  • フレームの線の太さ

などの設定をすべて考慮して、テキストフレームの geometricBounds から文字数と行数を逆算する仕組み。

TextFrame.prototype の拡張になっているので、外部ファイル扱い (.jsxinc) にしておいて #import で適宜読み込むのがおすすめ。

使い方

Getter と setter を兼ねた gridDimensions() というメソッドになっている。そのまま呼び出せば get、引数を渡して呼び出せば set として動作する。

フレームの種類が「フレームグリッド」に設定されているテキストフレームにのみ有効。フレームグリッドでない場合はエラーを返す。

Continue reading →

iTunes Storeで想像以上に売れる「完コピ音源」

欧米ヒットソングの完コピ音源を「カバー」と称して iTunes Store などで販売している例がある。権利者の許可が下りているとも思えない怪しい商品がなぜ野放しにされているのかわからないが、とにかく面白い。

そんな露骨なパチモンに騙される客なんてそうそういないだろうと思った人は、これを見てほしい。

iTunesアルバムチャート
ダンス部門(左)と総合(右)のアルバムチャート
Continue reading →

ScriptUI: Always honor Cancel/Esc in onClose validations

When you need to validate user input in an edittext field, it’s not enough to do so in its onChange event — you must also validate it in the dialog’s onClose. It’s the only way to stop the dialog from closing after a click on the OK button, so that the user has a chance to correct their input. But what if that close event occurred because of an explicit user action to simply dismiss the dialog, like clicking the Cancel button?

Continue reading →